スポンサーリンク

若狭姫神社(若狭彦神社 下社)

入口は、こんな感じ!

若狭彦神社の上社である若狭彦神社は、和銅7年(西暦714年)9月10日、遠敷郡下根来村白石に創建され、元正天皇霊亀元年(西暦715年)9月10日、現在地へ遷座されました。

若狭彦神社の下社にあたる若狭姫神社は、元正天皇養老5年(721)2月10日、上社より分祀し、若狭姫大神とされました。

古来より、若狭彦神社(上社、上宮)を若狭国一宮とし、若狭姫神社(下社、下宮)を二宮とされて来たのですが、現在は、2社で若狭国一宮・若狭彦神社と称している

千年杉

この千年杉は、小浜市を代表する「神社・若狭姫神社の千年杉」
・幹周:約6. 0m
・樹高:30m
・樹齢:約500年
・本殿、随神門は流造桧皮葺でいずれも県の重文に指定されています

本殿の前には、千年杉を見上げる場所があり、そこから上を見上げてみると、千年杉が覆いかぶさるようにそびえたっている姿が壮大です!

スポンサーリンク

御祭神

・豊玉姫命(とよたまひめのみこと) - 「若狭姫神」

・縁結びの神様
・安産の神様
・海上安全の神様
・海幸大漁の神様
・開運厄除の神様

若狭姫神社の場所


・入口川沿いに10台程度

境内入口

見返り鳥居

随神門

招霊(おかたま)の木

御神井

社殿と千年杉

子種石・男根要石・女器陰石

乳神様

日枝神社

中宮神社

玉守神社

おすすめの記事