スポンサーリンク

明通寺 駐車場

・無料

明通寺 駐車場~入口

駐車場から入口までは少し歩きます!!
綺麗な橋、橋の下には、川があり、すがすがしく清らかなイメージがあります!

入口から見た目も美しい階段!!

参拝受付は500円
受付でい原います!!

お兄さんが本堂まで案内してくれます!!

本堂内は撮影禁止です!

明通寺についてのお話をお兄さんが聞かせてくれます!!

明通寺とは

明通寺(みょうつうじ)の宗派は、真言宗御室派(しんごんしゅうおむろは)に属しており、本山は、京都の京都の仁和寺!

歴史は大変古く、今からおよそ1200年前、大同元年(西暦806年)に、当時の征夷大将軍でありました坂上田村麻呂公により開かれました!

坂上田村麻呂公といえば、いわゆる蝦夷(えみし)征伐で有名になった武人になるわけですが、その討伐によって失われた多くの魂を弔いたいという懺悔の気持ちから平和と全ての人々の幸福を祈ってこの場所にお堂を立てたことがそもそもの始まりと言われているそうです!

しかし、現在は、当時のものは全て無くなっており、今あるもので一番古いものは、御堂内の中心にある仏像(薬師如来)になります!

いまからおよそ1000年ほど前、平安時代の後期に作りかえられたものになっており、創建当時、この仏像は、「ゆずりの木」から掘られたという伝承によって明通寺の山号は、「棡山 (ゆずりざん)」と言われるのですが、いまあるものは、作り替えられており、材質はヒノキに代わっているそうです!!

一木作りという一本の大木から作る作り方で作られているそうです!!

御堂の中心に座しておられるのは、薬師如来像で、心や身体のあらゆる病気を取り除く仏さまとして広く一般に親しまれているものです!

薬師如来のその両側に侍立するのは、大きな2体の仏像がございます!

本堂内は、撮影禁止です・・・

むかって右側が降三世明王(ごうざんぜみょうおう)、むかって左側が深沙大将(じんじゃたいしょう)という仏様がまつられています!

薬師如来と同時期、平安時代後期に作られたもので、2m50㎝程度の大きさとなっております!

明通寺は薬師如来と降三世明王(ごうざんぜみょうおう)、深沙大将(じんじゃたいしょう)、帰り道に客殿という建物の中に、座している不動明王の4体が、国の重要文化財に指定されています!!

・木造薬師如来座像(像高144.5㎝)
・木造降三世明王立像(像高252.4cm)
・木造深沙大将立像(像高256.6cm)
・木造不動明王立像(像高161.8cm)

不動明王のみ本堂ではないので撮影できました!

本堂と三重の塔が優れた鎌倉建築の代表として、「国宝」に指定されています!

福井県内の国宝建造物というのは、明通寺のこの本堂と三重の塔の2つだけとなっています!!

どいらも今から750年ほど前、鎌倉時代の中頃に、再建されたものになっています!

鎌倉建築の特徴として、装飾が非常に少なく、簡素でがっしりとした作りになっています!

鎌倉時代は武人が政権を握りました武家時代の始まりであるため、いかにも質実貢献といった気風が読み取れるものとなっています!

その反面、屋根が檜皮葺(ひわだぶき)というヒノキの皮で葺かれているので美しくやわらかな稜線を描いているのも見どころです!

元来、明通寺は、祈祷寺として栄えてきたが、その祈祷した証として「寄進札」というものが鎌倉時代から江戸時代になるまで約400枚余り今も残されています!

この寄進札は福井県の指定文化財であったのですが、つい先日(H30.3)、文化庁の発表で国指定の重要文化財に格上げになりました!

内陣の棚の中に、飾られているので、参拝の際に、ご覧になってください!!

この寄進札は、重要文化財に格上げになったのですが、今後の取り扱いや展示方法などについては、まだはっきり決まっていないようです!

帰り道には、小浜市の天然記念物に指定されている樹齢500年に及ぶ「かやの巨木」があります!

明通寺 場所

・〒917-0237 福井県小浜市門前5-21

明通寺 アクセス

・小浜ICより車で15分(約7㎞)
・JR小浜駅18分(約8㎞)

明通寺 参拝時間

・年中無休 9:00~17:00 (12月~2月は16:30まで)
・本堂内で10分ほどの案内付

明通寺 参拝料金

・個人拝観 大人500円,小人250円

明通寺 お問合せ先

・0770-57-1355

周辺の遊び場

■ 小浜市内の観光・見所

スポンサーリンク
おすすめの記事