スポンサーリンク

武生中央公園

老若男女が憩う・遊ぶ・見る・学ぶ・楽しむことのできる空間の形成

武生中央公園は、基本コンセプト「老若男女が憩う・遊ぶ・見る・学ぶ・楽しむことのできる空間の形成」を基に、日本を代表する絵本作家かこさとし氏の監修で再整備された公園ということです!!

武生菊人形の会場もこちらを利用しています!!

わたしも武生菊人形の祭典に合わせて行ったのが初めてでしたが、すごく立派な公園でした!!

武生中央公園の市民の広場等の呼称については、武生市出身の絵本作家・かこさとし氏に相談の上、市民の広場の呼称を「だるまちゃん広場」に、モノレールの一帯を「パピプペポー広場」に、観覧車の一帯を「コウノトリ広場」にしたということです。

テントをもって、お弁当・おやつをもっていくと一日過ごせるのではないかと思います!!!

陰がなく、暑い日には、熱中症に注意ください!!

お子様には、帽子をお忘れなく!!

場所

・武生中央公園
・福井県越前市高瀬二丁目

アクセス

・小浜IC~武生IC高速利用 1時間15分(約82㎞)

だるまちゃん広場

だるまちゃん広場の主なエリア(空間)としては、「からすのパンやさんルート」沿いに絵本「からすのパンやさん」に登場するからす達の町「いずみがもり」があります。
この森には、健康遊具「からすの運動場」や絵本「カラスのパンやさん」に群がるシーンを演出した大型遊具「からすのパンやさんのかざぐるま塔」や、絵本「おたまじゃくしの101ちゃん」に登場する「いちべえ沼」の形をした池などがあります。


このエリアは陰になるスペースがありませんので、簡易テントなどを持参してきている家族ずれが多いです!!

長時間遊ばせる場合などには、簡易テントがあると便利ですし、休憩もしやすいです!!

トイレは入口付近にありますので安心です!!

すべり台があるのですが、段ボールがあった方が安心です!!

すべり台はいくつかありますが、右端の方にある黒い須Bリ台を使う場合には、ダンボールの切れ端を持っていくといいと思います!!

どうしても灼熱の遊具で熱くなってしまいますので、安全の意味からもあったら便利という程度でりかいください!!


<主な施設>
からすのパンやさんのかざぐるま塔(大型複合遊具) 
だるまちゃんとかみなりちゃんのふわふわ雲(トランポリン系遊具)
・からすちゃんの運動場(健康遊具)
・だるまちゃんとにおうちゃんの土俵
・宇宙(平面噴水)
・かわ(せせらぎ)         
・地球生命の歴史        
・さくらのはなびらデッキ       
・二四通りの季節をあじわうおうち
・越前山歌が望めるおうち 
・モミの木              
・林床花壇
・壁面絵画「越前山歌」

パピプペポー広場

絵本「パピプペポーおんがくかい」や「にんじんばたけのパピプペポ」を表現した広場と泣ているそうです!

この広場では、絵本「あさですよよるですよ」をモチーフにした乳幼児用遊戯広場「まめちゃんえん」があり、小さなお子様が安心して楽しめる場所になっています。

この広場では「パピプペポーおんがくかい」、「未来への行進」のメロディーが時報として流れわたります。

<主な施設>
・まめちゃんえん
・あかいありの冒険の国(既設遊具)
・あかいありとぼたもちやま(クライム系遊具)
「パピプペポーおんがくかい」、「未来への行進」のメロディーが時報で流れます

コウノトリ広場

コウノトリ広場は、絵本「コウノトリのコウちゃん」をモチーフに、観覧車中央部にコウノトリが舞う里(白山地区)に向かって羽ばたくコウノトリの姿を描きます。

<主な施設>
・コウちゃんの観覧車

入場料金

・無料

駐車場

・約400台 無料

お問合せ先

・福井県越前市役所 都市計画課
・TEL:0778-22-3012

スポンサーリンク
おすすめの記事