スポンサーリンク

2018 福井しあわせ元気国体(ウエイトリフティング)

とてつもなく思い重りを持ち上げるのですから、クラス別が重要で、クラスは体重別でわけられて競い合います!!

 

競技は、バーベルをスナッチクリーン&ジャークという二つの方法で各3回ずつ挙上し、そのうちの最高挙上記録で順位を決める競技となります!!

■スナッチ競技
背筋・足の蹴りあげる力・腕の引きあげる力を一気に爆発的に発揮し、挙上したバーベルの真下に入り支えます!

パワーは当然ですが、パワーだけともまた違う!!

これには、テクニック・タイミングと柔軟性のトリプルミックスが重要となる競技です!

 

■クリーン&ジャーク競技
床に置かれたバーベルをまずは、胸(鎖骨)まで引きあげ(クリーン)、次にバーベルを維持しながら足のバネと腕の力を利用し頭上まで挙上します(ジャーク)

 

ルールとしては、競技が始まる前に、選手は自分が最初に挑戦する重量を係員に申告!!

 

合計3回しか試技ができません!

 

ですから、自分の実力とその日のコンディションや相手との駆け引きを考えて、試技重量は慎重に決めることになります

 

3回の試技で成功した最高重量が記録となり、スナッチ、クリーン&ジャークおよびトータルで順位が決定します!

 

自分の体力を理解し、そして相手の体力や記録を考慮し駆け引きのある競技ですからどうなるかは・・・

開催日(ウエイトリフティング)

 ・2018年10月4日(木)~10月8日(月)

開催場所

・小浜市民体育館 アリーナ
・競技会場とその周辺には一般観覧者駐車場はありません。
・無料シャトルバス
川崎臨時駐車場から「JR小浜駅」経由で競技会場まで20分間隔で運行

競技日程


福井しあわせ元気国体とは

平成30年(2018年)に福井県で第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)が開催されます。

国体は、我が国最大のスポーツの祭典として広く親しまれ、国民の健康増進と体力向上、スポーツの普及と発展、そして豊かで活力ある地域社会づくりに大きく寄与してきました。

昭和43年に福井県で開催された第23回国民体育大会から50年ぶり、二巡目の開催となります。

開催日

  ・2018年30年9月29日(土)~平成30年10月9日(火) 11日間

実施競技

正式競技
(37競技)
陸上競技、水泳、サッカー、テニス、ボート、ホッケー、ボクシング、バレーボール、体操、バスケットボール、レスリング、セーリング、ウエイトリフティング、ハンドボール、自転車、ソフトテニス、卓球、軟式野球、相撲、馬術、フェンシング、柔道、ソフトボール、バドミントン、弓道、ライフル射撃、剣道、ラグビーフットボール、山岳、カヌー、アーチェリー、空手道、クレー射撃、なぎなた、ボウリング、ゴルフ、トライアスロン
特別競技
(1競技)
高等学校野球
公開競技
(4競技)
綱引、ゲートボール、パワーリフティング、グラウンド・ゴルフ
デモン
ストレーション
スポーツ
(36競技)
少林寺拳法、エスキーテニス、スティックリング、ウォーキング、ドッジボール、スポーツチャンバラ、真向法、サイクリング、パラグライダー、一般体操、ラージボール卓球、インディアカ、スポーツ吹矢、カヌーポロ、3B体操、オリエンテーリング、シルバーソフトバレーボール、武術太極拳、バウンドテニス、エアロビック、バトン、ディスクゴルフ、ドッヂビー、ミニバスケットボール、ウッドスポーツ、ソフトバレーボール、マレットゴルフ、還暦軟式野球、6人制ホッケー、ペタンク、ボート(ローイングエルゴメーター)、キッズトライアスロン、ビーチラグビー、ママさんバレー、ゲートボール、グラウンド・ゴルフ
スポンサーリンク
おすすめの記事