スポンサーリンク

京都市青少年科学センター


京都市青少年科学センターは,100点を超える体験型の展示品をとおして,楽しみながら理科・科学を学べる施設です!!

子供たちが実際に物に触れ,体を通して体感し,科学を感覚的に理解でき,面白おかしく理科に触れ合えるように工夫がされているので,子供たちは飽きることなく楽しめるようになっています!!

■おしゃべりするティラノサウルス

研究成果と最新の技術で完成した模型に音声による解説装置を備え,楽しみながら恐竜の生態や当時の環境について学ぶことができます

■展示場は子供たちのわくわく空間

展示場には科学を楽しむ展示物が盛りだくさんあります!

電流を流すと磁界ができることを方位磁石で確かめられる「電流と磁界」や,コイルの近くで磁石を回して電気を作る「発電機」,空き缶やお鍋をスピーカーがわりにして音が聞ける「音の電線」など,さまざまな実験が展示によって楽しみながら学習できるんです!!

■パソコンが先生に。楽しい実験室


パソコンを使って26種類のテーマの中から身近なものを材料にして,簡単な実験や工作を通し科学の楽しさや面白さが体験できます。
手作り望遠鏡や潜水金魚など,面白いテーマがあるので,親子でチャレンジしてみてはいかがですか?

■屋外にも見逃せない展示がいっぱい


約40種類の岩石や化石が並んだ岩石園や,沖縄の珍しいチョウ達を観察できる「チョウの家」,期間限定で公開する「カブトムシの家」(7月中旬~8月中旬)などの展示がいっぱいです。

■天文の不思議を体験しよう

京都市青少年科学センターは1969年(昭和44年)の開設以来,子供たちに宇宙や天文の不思議に付いて興味を持ってもらうため,プラネタリウムを併設しています。

毎年そのテーマに工夫を加え,解説員による楽しい解説が魅力です。

■バリアフリー施設

いまや、企業もバリアフリー化に力を入れている状況ですが、やはりこういった施設は進んでいます!!
どなた様にも安心してお越しいただき,楽しんで頂けるように館内は全てをバリアフリーにしています。
小さいお子様連れにも安心のベビーシート設置のトイレも完備しています。

フロアガイド

体験型の展示がいっぱい! 
展示棟の2階・3階は展示場になっています。
ここには約100点の展示があり,ほとんどの展示は自分の手で触れることができます

親子ふれあいサイエンスルーム(1F)

小学校就学前の乳幼児と保護者の皆さんが,科学を体感できる遊具を通して親子でふれあう場です

バブルタワー

レバーを下げることで,シリコンオイルの中を空気の大きな泡がゆっくりと上がり,泡の動きや形状を体感できます。
ダイヤルを回すと,三原色のLEDの調光により様々な色を作り出すことができます。

落書きコーナー

天井のプロジェクターで映像を投影し,電子ペンで文字や絵を壁面に写します。
線の色や太さを変えることもできるので,思いのままに描いてください。

光の池

天井のプロジェクターにより床面に映像を投影し,赤外線センサーがエリア(池の中)の動きを感知し,その動きに連動して映像が瞬時に変化します。
下ばかり見ていてぶつからないよう気をつけて遊んでください。

浮き玉

送風機からの空気が,ボールや風船の表面に沿って流れ,空中に浮遊する現象から空気の動きを体感できます。
ハンドルで操作しますが,慣れたら浮いた玉を順番に横へ送っていくこともできます。

不思議な鏡

偏光フィルムの特性を利用して,光の進み方や性質,偏光について見ることができます。
部屋の柱に設置した偏光フィルム付鏡を通し,別の柱の偏光板で製作したイラストを見たり,入口ガラスに貼られた偏光フィルムを通して,部屋の外部と内部でイラストの見え方がどう変わるのかをおたのしみ下さい。

第1展示場(2階)

世界の昆虫

美しい「色合い」や「もよう」を持つ『チョウ・ガのなかま』と,子どもたちに人気のカブト・クワガタを中心とした『甲虫のなかま』を展示しています!

ノーベル賞コーナー

自然科学分野における日本人受賞者を,京都にゆかりのある方中心に紹介しています。

京都賞コーナー

さまざまな分野で活躍されている京都賞受賞者を紹介しています

人間万華鏡・曲面鏡・パタノスコープ・波面鏡・さかさ鏡

★平成26年度新展示品(人間万華鏡)
大型の鏡を組み合わせて鏡の反射を体感できる人間万華鏡や,曲面鏡やパタノスコープなどの鏡を使って楽しい実験ができます!

ボールコースター

ハンドルを回してレールの上まで運ばれたボールが,落下するときにさまざまな運動をする様子が観察できます!

地震をさぐる

地震はどうして起こるのだろう?:地震が起こるメカニズムをCRTディスプレイの解説によって学びます。
地震体験マシーン:過去に日本各地で実際に起こった地震のゆれを体験できます。
(前後,左右,上下の3方向:ただし,震度6,7は危険なためディスプレイによるグラフ表示のみとなります。)

花折断層

京都付近の活断層の一つを剥離標本にしたものです!

フーコーの振り子

長さ約8mのふりこを午前9時に赤い線に沿って振らせると,自然に振動方向が変わっていきます。
なぜでしょうか

イクチオサウルス

魚竜イクチオサウルスの実物化石が展示されています!

化石コーナー

化石は遠い過去の様子を語ってくれます!

ティラノサウルス

代表的な肉食恐竜ティラノサウルスの動く復元模型です。
音声による解説装置をそなえ,楽しみながら恐竜の生態や当時の環境について学ぶことができます

アロサウルス

アロサウルスの頭骨化石は,日本で数少ない貴重な実物を展示しています

プロトケラトプス

草食恐竜プロトケラトプスの化石が復元されています!

アジアゾウ

「アジアゾウ「友(トモ)」の骨格標本を展示しています。
周辺に展示している恐竜の骨格標本と比較して,違いを確かめてみて下さい。
「アジアゾウ「友(トモ)」:平成13年(2001年)4月17日 京都市動物園にて,呼吸不全により死亡しました。
推定年齢21歳,体重2500kg,体高250cmでした

タルボサウルス

大型の肉食恐竜タルボサウルスの化石が復元されています!

サウロロフス

大型の草食恐竜サウロロフスの化石が復元されてい!

鴨川のいきもの

鴨川の上流(雲ヶ畑付近)と中流(出町付近)をモデルとした水槽で,その中で飼育する「いきもの」が環境に適応して生活する様子を間近に観察することができます。
上流水槽:雲ヶ畑付近にすむアマゴカワムツなどを飼育。
中流水槽:出町付近にすむオイカワヨシノボリなどを飼育。
※2005年度版「社会科教科書補助教材資料集」にとり上げられました。

いきもの研究室

★平成29年度新展示品
科学センターの屋外園で観察できる動植物をはじめ,地球上の生きものの「色・形・大きさ」などの生物多様性やくらしぶりの不思議を,実際の標本を観察しながら研究する(調べる)ことができる展示品です!

-磯の環境-「海の中の生命」

海の磯を再現した水槽です。
ヒトデやウニなど様々な生き物を間近で観察できます!

潮間帯の生物

どのような生物が潮上帯,潮下帯のどのような場所にいるのかが,ボタン一つで簡単に調べられるようになっています!

貝標本・甲殻類の標本・漂着物

めずらしい貝,美しい貝,大きい貝,陸にすむ貝などを展示しています!

テレビ顕微鏡

手のひらの様子などをテレビ顕微鏡で100倍に拡大してみることができます!

水中の微小生物

水中に見られるミジンコ・ミカヅキモなどの微小生物を顕微鏡で観察することができます!

心臓のはたらき

心臓のつくりと動き,体のすみずみに運ばれる血液の通り道を調べることができます!

肺のふしぎ

肺の中の肺胞を拡大した模型です!

心臓からの信号

握るだけであなたの心電図を見ることができます!

映像コーナー

映像を通して心臓のしくみを学ぶことができます!

チョウのふしぎ

ふだん気がつかなかったチョウたちの姿(からだのつくりやエサのさがし方,身の守り方,なかまの見つけ方など)をパネルや映像,模型,ジオラマなどを使って理解することができます!

むしむしワールド

★平成27年度新展示品
オオセンチコガネをはじめとする昆虫の標本や写真を通して,生物多様性について考えることができる展示品。
標本の色や大きさによる並び替えができるパズルコーナーもあります!

天文・宇宙の情報

プラネタリウム一般投映番組のテーマに関する情報や,天文情報をパネル展示しています!

惑星の運動

太陽のまわりを公転する惑星の運動が見られます。
年月日を指定すると,その時の惑星の位置が調べられます!

第2展示場(3階)

実物元素周期表

★平成29年度新展示品
118個の元素のスイッチにふれるとめったに見られない実物の元素などが現れる大型の元素周期表です。
机やテレビ,生物,地球など,すべてのものは元素でできています。
とどのように関わっているのか調べてみましょう

元素の作る世界

1種類の元素でできた単体や身近な化合物を紹介しています

結晶の世界

鉱物は種類により色や結晶形,硬さなどの性質が違います。
美しくて硬いものは宝石になります

水の波の性質

水面に生じる波をスクリーンに投影して観察できます

ストロボと測定

ストロボの点めつを止めたり,点めつの周期を変えたりすることで見られる興味深い現象を確認できます

光の家・光の池・光の世界

明るさを比べる光の家,レンズや鏡のはたらきを調べる光の池,太陽光や蛍光灯の光などをスクリーンに投影して観察できる光の世界などがあります

太陽の動き・地軸の傾き

季の太陽の動きと,地面に垂直に立てた棒の影の先端がつくる線を見ることができます

地球の公転

地球の位置変化と12星座との関係を観察することができます

けい光・放射能鉱物

けい光を出す鉱物と放射能を持つ鉱物を紹介しています

美しい炎の世界-炎色反応-

★平成27年度新展示品
花火の美しい色が生まれるわけを知ることができます。
花火の模型や映像も見られます

カラフル光ラボ

★平成28年度新展示品
光の3原色(赤・緑・青),色の3原色(シアン・マゼンタ・イエロー)を組み合わせると様々な光・色ができます。
光と色がおりなす不思議な現象を体験できます。

色で見る酸とアルカリ

水溶液が酸性かアルカリ性かを調べる実験を,あなたの指示でロボットが行います

紫外線と赤外線

紫外線・赤外線を利用して,見えない世界を見てみましょう

2進法による数あて

2進法の計算により心に決めた数字が6つの質問に答えることで明らかになる展示品です

秒の世界-ふりこと時間

あなたが音や光に反応する時間を計ります

砂振り子

振り子がきれいな砂模様(リサージュ図形)を描きます

投げた物体の運動・落体の実験

投げた物体がどのような動きをするのか見ることができます

フレネルレンズ

横からみると平らになっているのに,どうして大きく見えるのでしょうか

できた!竜巻

★平成28年度新展示品
自分で竜巻を発生させる体験を通して,竜巻のメカニズムを科学的に考えることができます

気象コーナー

現在の気温や気圧,風向,風速などを見ることができます。
また,気象衛星からの雲画像が,決まった時刻に送られてきます。
天気の予報に役立ちます。
気象衛星による観測は日本の「ひまわり6号」が行っています。

翼竜

プテラノドンとランフォリンクスの全身模型を展示しています

パラボラ型空中電話器

ささやくような声でも離れたところではっきりと聞こえます

くもダス

★平成26年度新展示品
直径5mの大型スクリーンに魚眼カメラで撮影した雲の映像を,ダイナミックに映し出す展示品です。
雲の動きを早送り動画で見ることができます

西山丘陵の地層

本物の地層を剥がし取ったものが展示されています

深草谷口町の地層

京都市伏見区のこの地区は,かつて海になったり陸地になったりを繰り返していたため,多くの化石が産出しています。
この付近の実際の地層を標本として採取し,展示しています

マチカネワニ

新生代のワニの骨格標本です

デスモスチルス

歯の形に特徴のある,新生代にすんでいた大型ほ乳類の骨格標本です

マグマからできた岩石

マグマが冷え固まってできる岩石について調べましょう

音であそぼう

大声測定器や足で踏むオルガン,トランペットなど,いろいろな音の波形を見ることができます

ふしぎなシーソー

自動車のブレーキなどに利用されている油圧を応用した展示品です。
ペアになったイスにすわると,小さな子供でも大人を押し上げることができるしくみになっています

どっちがらくちん

となりの「どっちがらくちん」は,「ふしぎなシーソー」の現象を理解する手助けになります。
大きなボタンと小さなボタン。
どちらが小さな力で持ち上がるのか,比べてみましょう

滑車のはたらき

おもりの重さはすべて40kg。
でも,ひもをひっぱってみると重さの感じ方が違います。
滑車は少ない力で,重い物を持ち上げることができます。
その仕組みがわかります

空気がうすくなっていくと

空気が薄くなると,風や音はどうなるのでしょうか

NKS磁石

とても強力な磁石です。
その強さを体感してください

気候と環境体験ルーム

同じ気温でも湿度の違いが生活の快適さにどのように影響を与えるのか,また快適さを追求した人間生活が地球環境にどのような影響をおよぼすのかなど,地球温暖化をはじめとする環境問題について体験を通して考えることができます。

【砂漠の部屋】・【京都の部屋】
乾燥の【砂漠の部屋】と多湿の【京都の夏の部屋】があり,それぞれの部屋に実際に入って,同じ気温でも湿度によって暑さの体感が異なることを体験できます

電気と磁気のワンダーランド

電流と磁界の関係を楽しく理解できます。
電流を流すと磁界ができることを方位磁石で確かめられる「電流と磁界」や,コイルの近くで磁石を回して電気を作る「発電機」,空き缶やお鍋をスピーカーがわりにして音が聞ける「音の電線」など,さまざまな実験が楽しめます

京都の企業展ブース

京都の最先端企業の協力を得て,平成25年度から毎年7~9月に開催している企業特別展で,特に人気のあった展示品を引き続き展示しています。

【25年度】 「Let's体感 電気エネルギーの不思議なすばらしさ!」(ニチコン)
【26年度】 「環境にやさしい太陽光発電のしくみとエネルギーの変化」(京セラ)
【27年度】 「コミュニケーションを深め,生活をゆたかにする「センサ」の科学」(オムロン)
【28年度】 「LEDが切り拓く明るい未来」(ローム株式会社)
【29年度】 「はかるとわかる 分析の科学」(堀場製作所)

電磁石パワーボール

レールの上の鉄球を電磁石の力をうまく使って走らせる展示品です

推理ボックス

箱の中に入っている物の形を,箱を傾けたりして推理します。
正解すると箱の中が見えます

太陽電池に光を当てよう

指定された太陽電池の“まと”にすばやく光をあてて点数をきそう“まと”当てゲームができる展示品です

屋外園

太陽光発電

鏡をうまく使って,太陽光を太陽電池パネルに集めるとロボットが重量挙げをしたりします

水力発電

低いところに流れる水の力で水車を回し発電します

風力発電

風を受けてプロペラが回り発電します

屋外園

日本全国から集められた様々な岩石や,京都の山に生える植物を観察することができます

チョウの家

沖縄に生息する「オオゴマダラ」「リュウキュウアサギマダラ」「シロオビアゲハ」の3種類を観察することができます。
運がよければ,交尾の様子や,卵,幼虫なども見ることができます

カブトムシの家

カブトムシを観察できます。
※公開期間は主に夏休み期間ですが年によって変わります。
8月後半からは,幼虫の成育期間となります。

開館日

・休館日は木曜日(祝日の場合は翌平日が休館日)・ 年末年始
ただし,春・夏・冬休みの木曜日は開館しています。

開館時間

・9:00~17:00(入館は16:30まで)

料金

プラネタリウム観覧には,プラネタリウム観覧料のほかに科学センター入場料が必要です!

*幼児(小学生未満)の方は入場料・観覧料ともに無料となります

科学センター入場料 プラネタリウム観覧料
一般 510円 510円
中学・高校生 200円 200円
小学生 100円 100円

場所

・京都市青少年科学センター

アクセス

・小浜ICから下道&高速利用で、約2時間(約98㎞)
ETC料金:480円

お問合せ先

・075-642-1601

スポンサーリンク
おすすめの記事