スポンサーリンク

宝が池公園 子どもの楽園(京都市)

子どもの楽園は、宝が池公園の東の端に位置する面積約3.3ヘクタールの広場です。

昭和39年に競輪場跡地を利用して開設された「子どもの楽園」は、2008年にリニューアルオープンしたもので、その園内は、大きく3つのエリアに分かれています!!

その3つとは、

■「大広場」
■「遊具」
■「プレイパーク」

です!!

遊具ゾーンには、公園のシンボル的存在の「夢の山」などの大型遊具や、迷路などもあり楽しめる施設となっています!!

ゾーンに応じて様々な体験や遊び方ができ、子どもたちの自由な遊びと創造力を引き出すことができるまさに、「子どもが主役」の公園となっています!!!

場所

・宝が池公園 子どもの楽園
・京都府京都市左京区上高野流田町8

アクセス

・宝が池公園 子どもの楽園
・小浜ICより下道で、約1時間30分(約69㎞)

開園時間

・09:00~16:30

入園料

・無料

園内マップ

遊具ゾーン

遊具ゾーンは、公園の中心にあります!!

公園のシンボル的存在の「夢の山」を中心として、迷路やバスケットブランコ、噴水広場、砂場など、他にもさまざまな遊具があって、子どもたちに大人気のエリアがこのエリアとなります!!

夢の山

山をよじ登ったり滑り下りたり、2008年のリニューアル後も公園のシンボル的存在

迷路

同じ道をぐるぐる回ってしまうのか?それとも、あれあれ。。。行き止まり!?
迷路はなぜか面白い!!!
うまく抜け出せるか競争だ!!

屋根付き広場

雨や日差しを防ぐ大きな屋根付きの広場となります!!
やわらかい人工芝が敷かれており、日差しや日焼けが気になるお父さんお母さん方にはありがたい場所となります!

その他の遊具施設

大広場ゾーン

公園の北側入口から入ると、大きなクスノキとケヤキの並木道があります。

その並木道を取り囲むように、芝生広場と自由広場がある配置です!!

木陰の下でお弁当を広げたり、サッカーやソフトバレー、バトミントンなど、広場を使って、親子で遊ぶ雰囲気が良く見られます!!

また、芝生広場には、小さいお子さん(幼児)を対象としたシーソーやすべり台などの遊具もあって、保護者の方も近くで安心して見守れまる場所となります!!

プレイパークゾーン

公園の入口から一番奥にあり、雑木林に囲まれた自然がいっぱいのエリアとなります!!

シンボルツリーの大きなエノキの木と、「プレイルーム」と呼ばれる小屋が目印となります!!

毎週日曜・祝日に「プレイリーダー」と一緒に遊ぶ、「宝が池プレイパーク」を開催しています!!

「自分の責任で、自由にあそぶ」をモットーに、自然の中で様々な遊びを体験します。

プレイパークゾーンは「宝が池プレイパーク」開催時に、ご利用いただけます。

開催日

■毎週日曜・祝日(年末年始をのぞく) 10:00~15:30

駐車場について

■利用時間:09:00~16:30
■休園日:12月29日~1月3日
■料金:510円/回
■台数:通常 102台 臨時 69台 (計171台)
※ご利用時間を過ぎますと、翌日まで出場できないことがあります。ご注意願います。

周辺の遊び場

 東映太秦映画村(京都府)
 宝ヶ池公園子どもの楽園(京都府)
 京都市青少年科学センター
 雪印メグミルク京都工場
 雪印メグミルク 京都工場 池上製造所
■ 京都市動物園
■ 保津川下りラフティング(京都府)
■ サントリー<天然水のビール工場>京都ブルワリー
■ おたべ本館体験道場(京都府)
■ 
コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場
■ 京都タワー(京都市)
■ 京都鉄道博物館

スポンサーリンク
おすすめの記事