スポンサーリンク

若狭お水送りの由来

奈良東大寺の「お水取り」に先がけて、神宮寺と遠敷川(おにゅうがわ)・鵜の瀬(うのせ)でおごそかに繰り広げられる伝統的神事がこのお水送りというものです!

毎年3月 2日に行われ、奈良東大寺・二月堂への「お水送り」となる神事

春を告げる行事として全国的にも有名な奈良東大寺二月堂の「お水取り」!!

その水は、若狭小浜の「鵜の瀬(うのせ)」から送られ、10日かけて東大寺二月堂の「若狭井」に届くとされているものです。

かつてのシルクロードの玄関口、若狭・小浜から奈良へと伝えられた大陸文化や南蛮文化の歴史の足跡が、あざやかにこの伝統行事の中に残されているということが言えるのではないでしょうか。

このように、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事がお水送りとなります!

「お水送り」は若狭に春を告げると言われている小浜市を代表する行事の一つです。

奈良・東大寺二月堂のご本尊にお供えする「御香水」と呼ばれる水を送る、奈良時代から伝わる神事です。

3月2日「お水送り」で流された水は、奈良東大寺二月堂の「若狭井」へ届くと言われており、3月12 日に行われる「お水取り」で汲み上げられます。

夕方、神宮寺の大護摩から火をつけた大松明を先頭に行者姿、白装束の僧や一般参加者が松明を手に、松明 行列となり、神宮寺の前を流れる遠敷川の約1.8km上流の「鵜の瀬」に向かい、大護摩に松明をくべま す。

最後は住職が竹筒の「御香水」を遠敷川に注ぎ奈良に送る厳粛な神事になります。

小浜市の案内分より

お水送りの見どころ

神事ですので見学不可の部分がございますが、毎年18:30頃からの達陀(だったん)以降は、一般の お客様でも見学することができます!!

午後7時半頃から、神宮寺から鵜の瀬へと向かう松明行列にご参加いただくことができます。暗闇の 中、約1,500人が松明を持って歩く姿は非常に幻想的です!!

20:30頃に鵜の瀬にてむかえるクライマックスの送水神事は圧巻の一言!!

この姿を写真に収めようと多くのカメラマンが!!

今では、みなさんスマホで撮影が多く見られます!!

インスタ映えのカットがきっと撮れること間違いないでしょう!!

炎と水の競演に 観衆のなかから歓声が沸き起こります

これは私の個人的な見解ですが、お水送りの日は、なぜだか天気が悪いことが多いです!!

そんなイメージですのでそんな感じで準備してみてはいかがでしょうか!!

お水送り開催日時

・開催日時:毎年 3月2日 11:00頃~(松明行列 19:30頃~)

お水送りの開催場所

若狭神宮寺~遠敷川・鵜の瀬

若狭神宮寺

鵜の瀬

鵜の瀬(うのせ) 由緒

天平の昔、若狭の神願寺(神宮寺)から奈良の東大寺にゆかれた印度僧実忠和尚が大仏開眼供養を指導で、753年(天平勝宝5年)に二月堂を創建し修二会を始められ、すべての神々が参列されたのに、若狭の遠敷明神(彦姫神)のみは見えず、ようやく二月十二日(旧暦)夜中一時過ぎに参列された。

それは川漁に時を忘れて遅参されたので、そのお詫びもかねて、若狭より二月堂の本尊へお香水の閼伽水を送る約束をされ、そのとき二月堂の下の地中から白と黒の鵜がとび出て、その穴から泉が湧き出たのを若狭井と名付けその水を汲む行事が始まり、それが有名な「お水取り」である。

その若狭井の水源がこの鵜の瀬の水中洞穴で、その穴から鵜が奈良までもぐっていったと伝える。

この伝説信仰から地元では毎年三月二日夜この淵へ根来八幡の神人と神宮寺僧が神仏混淆の「お水送り」行事を行う習いがある。

「鵜の瀬」由緒記 案内板より

お問合せ先

・若狭おばま観光案内所
・TEL:0770-52-2082

関連情報

■ 若狭お水送り(小浜市)

■ 森林の水PR館(小浜市)

■ 鵜の瀬(小浜市)

周辺の遊び場

■ 小浜市内の観光・見所

スポンサーリンク
おすすめの記事