萬徳寺 (まんとくじ)(小浜市)
スポンサーリンク

萬徳寺 (まんとくじ)(小浜市)

山号延宝山!

高野山真言宗!

八ヶ寺の中で唯一、国指定名勝の庭園を持つ寺院となります!

国指定の重要文化財絵画・藤原末期の絹本著色不動明王三童子像、鎌倉中期の絹本著色弥勒菩薩像などを所有しているそうです!

歴史は古く、応安年中(1368~1374)安芸円明寺の覚応法印が各地を廻り、この地にあった天台宗極楽寺を正照寺と改め真言宗を広めました。

天文13年(1544)、祈願所となり、罪人は入寺すれば助かるという若狭唯一の「駆け込み寺」となりました。

慶長7年(1602)寺号を萬徳寺と改め現在に至ります!!

花の名所として知られ春はツツジ、初夏は新緑、秋はモミジが、白砂を敷き詰めた枯山水庭園を彩ります!!

四季折々にさまざまな表情を見せてくれる花と自然のコントラストが魅力の寺院です!!

木造阿弥陀如来坐像国指定重要文化財、平安後期、像高141.5㎝)は、ヒノキ材で平安期末の12世紀作と推測され極楽寺の本尊だったそうです!!

一見、やや伏目の穏やかな両眼、小さな目の唇、まるく温雅な肉どり、やや彫りの浅い衣文の線などのほぼすべてにおいて、平安期末の特色が顕著ですが、平安末には珍しく、台座に仏像の裳先が垂れかかる長方形の裳懸座の上に坐している古式風の阿弥陀如来です。

本堂の南西方の斜面を利用した埋石式枯山水庭園は、八ヶ寺の中で唯一、国指定名勝の庭園を持つ寺院となり、主要部は1,800㎡、白砂敷き部分は約240㎡、斜面中段の中心部に2.2mの本尊石を配しています!!

庭園の見どころと時期

春(5月~6月) つつじ
初夏(7月頃) 新緑
秋(10月下旬~11月中旬) もみじ

・白い砂と山の緑と花の色どりが、見事な調和を作り出している景色をお楽しみいただけます!!

場所

・真言宗高野山派 萬徳寺(まんとくじ)

拝観料

拝観料 400円(※障がい者手帳の提示で半額)
200円(小学生)

アクセス

・舞鶴若狭自動車道 小浜ICから車で約10分
・北陸自動車道 敦賀ICから車で60分
・駐車場:無料

お問合せ先

・真言宗高野山派 萬徳寺
・福井県小浜市金屋74-23
・TEL:0770-56-2308

その他

■ 小浜市内の観光・見所情報

 

スポンサーリンク
おすすめの記事