スポンサーリンク

神宮寺(じんぐうじ)(小浜市神宮寺)


元正天皇の勅願により奈良時代は和銅7年(714年)、若狭国一の宮(若狭彦神社)の神願寺として泰澄大師の弟子沙門滑元による開創されたと伝えられています!

鎌倉時代初期に寺号を若狭彦神社別当寺神宮寺と改め、室町時代に朝倉義景の寄進により再建された本堂(国指定重要文化財)は現存し、神体山を借景に、若狭随一といわれる華麗な姿です。

その他には、力強い金剛力士像を安置した鎌倉時代末期建立の仁王門(国指定重要文化財)、南北朝時代の木造男神女神坐像(国指定重要文化財)などがあります。

毎年3月2日に行われる、奈良・東大寺二月堂への「お水送り」神事が有名な古刹です。

神事が行われることからもわかるように、神仏習合の寺院であり、参拝者は柏手を打つ非常に珍しい寺院の一つです!

拝観時に寺院の者からのご説明が必要な場合は、事前に予約が必要です!

重要文化財

本堂 室町時代は天文22年(1553年)越前国守護朝倉義景による再建。
間口14.34m、奥行き16.60m。
建築様式は、和様を主体とする折衷様。
建坪は110坪
仁王門(北門) 鎌倉時代末期再建。間口6.37m、奥行き3.64m、棟高5.5mの単層屋根、切妻造、二軒和様杮葺八脚門。
至徳2年(1385年)造立の木造金剛力士像を一対を安置。
木造男神・女神坐像 室町時代初期作。若狭一の宮の神宮寺奥の院に伝わる神像とされる。
衣冠束帯の男神像は像高49.1cm、小袿姿の女神像は像高50.9cm。

市指定文化財天然記念物

・椎の木

場所

・小浜市神宮寺30-4
・神宮寺(じんぐうじ)

拝観料

拝観料 400円

お水送り準備等のため2月15日から3月5日まで拝観はできません

アクセス

・JR東小浜駅から徒歩30分
・舞鶴若狭自動車道 小浜ICから車で12分
・北陸自動車道 敦賀ICから車で60分

お問合せ先

・若狭神宮寺
・TEL:0770-56-1911

小浜市内の観光・見所情報

小浜市内の観光・見所情報

スポンサーリンク
おすすめの記事