スポンサーリンク

圓照寺(えんしょうじ) (小浜市尾崎)

山号は、地久山!

臨済宗南禅寺派!

寺の由来は、昔、春日明神の神託によって刻まれた大日如来像を、奈良三笠山より若狭堂谷の地に遷して一宇を建立し、ここに奉安して遠松と号したのが始まりといわれています!

のち南川の大洪水による災害から、文安元年(1444)対岸の現在地に移して照寺と名を改め真言宗より臨済宗に改宗!!

重要文化財の大日如来坐像は、本堂右側にある寛政7年(1795)再建の大日堂に安置されています!

高さ251.5cmの大作で、12世紀初頭の作です。

頭を鉢で張って、顎を小さくつくり、体部も両肩を張り、銅を引き締めて逆三角形にまとめ、しかも両肘と膝の張りが充分で全体に安定感のよい造型を示しており、特に面相の伏目の両眼、細い両腕、彫りの浅い衣分の彫り口などに平安時代末期の特色がみられます。

新しい時代の息吹が感じられる鎌倉彫刻の先駆的な像です。

庭園は、馬蹄形に似た形の池があり、斜面上方に流石組を兼ねた三尊石組があり、幽玄な庭観式林泉庭園です。

この池にはモリアオガエルが生息しています。

重要文化財

木造大日如来坐像 平安時代、像高251.5cm。
伝春日仏師作。
寄木造。
寺の公式サイトの説明によると、国宝、重文指定の63躰の大日如来像の中で4番目の大きさであり、北陸随一の大きさという。
木造不動明王立像 平安時代後期、像高158.7cm。
檜材の寄木造。

福井県指定名勝

・庭園は、自然地形を利用した回遊式庭園

モリアオガエルの生息地としても知られる場所。

札所

・若狭観音霊場 第20番

拝観料

拝観料 400円

場所

圓照寺(えんしょうじ)
・福井県小浜市尾崎22-15

アクセス

・JR小浜線小浜駅から車で15分
・舞鶴若狭自動車道小浜ICから約5km
・若狭西部広域農道木崎から約2km

お問合せ先

・TEL:0770-56-1902

小浜市内の観光・見所情報

小浜市内の観光・見所情報

 

スポンサーリンク
おすすめの記事