スポンサーリンク

飯盛寺 (はんじょうじ) (小浜市飯盛)

山号は深山!

高野山真言宗

飯盛山中腹の景勝地にたつ飯盛寺(はんじょうじ)は、縁起によると、文和年中(1352~1356)に、後光厳院の勅願所として建立され、七堂伽藍と12坊を擁した寺院でしたが、文明16年(1484)火災に遭い、本堂・塔頭・什物すべて焼失したと伝えられています!

今残る本堂は、延徳元年(1489)に建立されたことが、平成10年の解体修理によって判明しました!

自然石の石垣積基壇にたつ本堂は、間口13.66m(五間)、奥行き12.88m(五間)の広さです!

単層、寄棟造、妻入、桟瓦葺(旧は茅葺で近代に改造した)、四方切目縁の五間堂で、各部の基調は和様を主とし向拝を後設しています!

国指定重要文化財

本堂 延徳元年(1489年)の室町時代初期、国指定の重要文化財であり、五間(12.88m)の正方形(五間堂)で寄棟造、妻入、茅葺である。

場所

・飯盛寺(はんじょうじ)
・福井県小浜市飯盛145-1

アクセス

・小浜ICより下道で約20分(約16㎞)

お問合せ先

・飯盛寺(はんじょうじ)
0770-52-6692

スポンサーリンク
おすすめの記事