スポンサーリンク

2018 神戸ルミナリエ(神戸市)

今年、2018年で24回目を迎える『神戸ルミナリエ』

『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催しました!

以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。

神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品を一度はご覧くださいね!!

開催趣旨

阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくとともに、まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に開催!!

開催期間

・2018年12月7日(金) ~ 12月16日(日) 10日間

開催場所

・旧外国人居留地および東遊園地

点灯時間

 

月~木曜日  18:00頃 ~ 21:30
金曜日  18:00頃 ~ 22:00
土曜日  17:00頃 ~ 22:00
日曜日  17:00頃 ~ 21:30

※混雑状況により点灯時間を繰り上げることがあります
特に、土・日においては薄暮時に点灯する可能性があります。
なお、荒天の場合は、点灯を見合わせることがあります。

2018年作品

仲町通りの作品

旧外国人居留地の仲町通りに設置します。

作品は昨年と同じく起点が浪花町筋交差点となります。

作品の総延長は約270mで、玄関作品の「フロントーネ」から京町筋交差点までの約50mにわたり、天井作品の「ガレリアコペルタ」が出現します。

その後仲町通りの終点までは「ガレリア」が明るく鮮やかな回廊として続きます。


神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ

東遊園地の作品

仲町通りを通り抜けて到達する東遊園地には、4本の塔を有する光の壁掛け「スパッリエーラ」と光の聖堂「カッサ・アルモニカ」が芝生広場を包み込むように設置され、兵庫五国をイメージします。


神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ

記念作品の設置

兵庫県政150周年記念作品と2019年ラグビーワールドカップ開催記念作品を東遊園地内の要所に設置

噴水広場の作品

東遊園地の南側・噴水広場には円形状の「スパッリエーラ」を配置します。
噴水広場の作品は音楽に合わせて光が躍動し、夢のような楽しい会場を演出します。

電球について

作品に使用する電球数は約51万個で、全てLED電球を使用します。
昨年の使用数:約40万個

ルミナリエ交通制限

神戸ルミナリエ周辺駐車場

神戸旧居留地25番館駐車場
神戸ルミパーク駐車場
P.ZONE神戸ルミパーク
神戸市立三宮駐車場(南)
貿易ビル駐車場
APパーク神戸中央 駐車場
APパーク 神戸中央
デビスパーキング海岸通
大丸提携駐車場
ミスターP神戸旧居留地 駐車場
大丸神戸店一般有料駐車場
大丸カーポート 駐車場
神戸大丸カーポート
三宮中央通り駐車場

お問合せ先

神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ
・078-230-1001

スポンサーリンク
おすすめの記事