2018 ふたご座流星群(12/13,14)
スポンサーリンク

2018 ふたご座流星群

ふたご座流星群は、年間三大流星群のひとつ!!

特徴のひとつは、毎年ほぼ確実に、たくさんの流星が出現すること!!

流星数が多いことから、1月のしぶんぎ座流星群8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」と呼ばれています!!

一晩に見られる流星数としては年間最大の流星群といわれており、条件が整うと一晩の流星数が500個を越えることもあるそうです!!

1時間あたりの流星数も40個~60個,多ければ100個近くに達するとも言われています!

特に多くの流星を見ることができるのは、13日の夜、14日の夜の2夜だということです!!

いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め、夜明け前まで出現が続くという予報です!!

空全体が見える場所で見るのがいいそうです!!

特徴は、夜半前からほぼ一晩中流星が出現すること!!

三大流星群のうちペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群は、どちらも夜半から未明の時間帯を中心に流星が出現しますが、ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から流星が出現し始めるため、子どもたちと一緒に観察できる、観察しやすい流星群です!!

極大になるのは、21時頃からということで、子どもたちは少し寝るのが遅くなるかもしれませんね。。。

しょっちゅう見れるものでもないので、少し夜更かしを許してあげてください!!

どうせ見るなら、一番見える時間帯がいいと思いますよね!!

日本では12月13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜が最も見頃だということです!

2018年のふたご座流星群の極大は、日本時間の12月14日21時頃と予想されていますので、この前後の夜、つまり、13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜に最も見頃になると考えられます!!

是非、この時間帯に家族で時間を作って夜空を見上げてみましょう!!

流星群の観察についての注意事項は以下の通り
・望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要ありません。
・肉眼で観察しましょう。
・望遠鏡や双眼鏡を使うと視野がたいへん狭くなってしまうため、流星の観察には適しません。
屋外に出てから暗さに目が慣れるまで、最低でも15分間は観察を続けるようにしましょう。
・たいへん寒い時期です。
防寒着や寝袋等の寒さ対策を充分にして観察に望んでください。
・立ったままで長い時間観察をすると疲れます。
・レジャーシートなどを用意して、寝転がったまま観察できるよう準備をしておくとよいでしょう。
・夜遅く屋外で行動することになりますので、事故などに十分注意してください。
・人家の近くで大声を出したり、立入禁止の場所に入ったりしないよう、マナーを守ってください。

【ふたご座流星群の歴史】
年間三大流星群のひとつとして,一晩見られる数では年間最大を誇るふたご座流星群ですが,19世紀以前の記録は皆無に等しく,1862年等の記録はあるものの出現数は少なく,ほとんどの記録は1900年代(20世紀)に入ってからです。
90年代初頭もあまり流星数は多くありませんでしたが,1930年~1950年頃に徐々に流星数が増加し,1970年代からは現在の出現数まで上昇してきました。
これだけの流星数の変化は,19世紀以前にはふたご座流星群の元となる流星物質の流れが地球と接していなかったためと考えられており,以前は21世紀にはふたご座流星群が見えなくなるとまで言われていました。
しかし,その後,母天体が発見され,その母天体(3200)Phaethonの軌道が2223年に再接近するという結果がわかると,当面はこのまま見え続けるのではないだろうかと言われています。
現在もその活動は活発そのもので,2000年頃からは,これまでふたご座流星群ではなかなか見られなかった明るい流星(火球)も見られるようになり,活発な活動が継続しています。
一方で,21世紀後半には19世紀後半並みまで流星活動が衰えるという説もあり,まだまだふたご流星群の経年変化はよくわかっていません。
いずれにしても,経年変化を観測することが,ふたご座流星群の将来の出現を見ていく上でとても重要といえます。

スポンサーリンク
おすすめの記事