スポンサーリンク

第2回「内外海田烏 海のステージ」 (小浜市田烏)

内外海田烏 海のステージ

「ここが舞台だ。」

福井県小浜市の内外海地区田烏(うちとみちくたがらす)

この若狭湾沿いの集落で開催されるのが「海のステージ」です。

集落全体を大きな野外ステージに見立て、 ロケーションを活かし、住民や関係者が一緒になって作り上げ、 人々をお迎えします。

海のステージとは

ステージは、パフォーマンスを行う実際の舞台であると同時に、若狭湾沿岸で暮らしてきた人々の「歴史」と「今」を引き受け「未来」を描くための舞台となります。

このコンセプトを反映させるため、キャッチフレーズを『ここが舞台だ。』としました。

開催期間

・2019年5月24日(金)~6月2日(日)

10日間の期間中は、棚田ステージを中心に、古い蔵をリフォームするシアター、路地を飾る散策ルート、海岸通りに設営するマルシェというように、集落全体を大きなステージと捉え人々を迎えます。

海が見える棚田の仮設野外ステージの他、集落全体を舞台として展開します。

開催場所

■ウミソラブタイ(棚田野外ステージ)

■トコトコロジ&蔵シアター

TIME TABLE(タイムテーブル)

プログラム概要

<ウミソラブタイ(棚田野外ステージ)>


第1回「海のステージ」の演目は音楽LIVEのみでしたが、第2回となる今回のプログラムには演劇が加わります

そのため、今年のステージは棚田の一部へ張り出す設計で拡張をする予定です!

ここではLIVEと演劇が行われます。

◆LIVE◆
第1回に続く「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」の他、世界で活躍する和太鼓演奏集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」が出演。

◆演劇◆
東京の演劇集団「風煉ダンス」によるオリジナル芝居を上演。

プロの俳優の他、地元の劇団や高校演劇部そして田烏集落の人々が参加します。

現在、小浜に伝わる「人魚伝説」をベースにした脚本を作成中です。

★白崎映美&東北6県ろ~るショー!! 【LIVE】
・2019年6月1日(土)19:00開演(18:00開場)
・上演時間:19:00~20:30(予定)
・棚田LIVE

昨年、棚田と体育館でお祭りの熱狂をもたらしたバンドがまた田烏に還ってくる。

上々颱風の歌姫・白崎映美が、東日本大震災後、木村友祐の小説「イサの氾濫」と出会って東北人の血がざわめき、2013年、東北出身の音楽家や指折りのミュージシャンに呼びかけ集結。

ロック、ジャズ、歌謡、民謡などをぶちこんだ雑食性に、東北の土着感満載のサウンド、巨大な神様やダンス等によるコラボでエンターテイメント性の高い熱いステージを展開。

その歌は「まづろわぬ人」への愛に満ちた叫び、祈りであり、聞く者の身と心も躍らせ、解き放つ。

★和太鼓集団 鬼太鼓座
・2019年6月2日(日)15:00開演(14:00開場)
・上演時間:15:00~16:30(予定)
・和太鼓ライブ

「走ることと音楽とは一体であり、それは人生のドラマとエネルギーの反映だ」という「走楽論」を理念に、1969年、故田耕と若者達により佐渡で結成。

過剰な演出を極限まで削ぎ落とした表現により、演奏者が全力で打ち込む音はほとばしる生命そのもの。

「和太鼓」の根源的な魅力を先頭に立って世界に伝えてきた。

現在、富士・東秩父村・会津村と3カ所の合宿所を起点に、地球上各地で、走り、叩き、舞う。

田烏でも毎朝6時からの10km走に始まる合宿生活を2週間過ごし、棚田から世界に音を響きわたらせる。

★演劇集団 風煉ダンス
・2019年5月24日(金)19:00開演(18:00開場)
・2019年5月25日(土)19:00開演(18:00開場)
・上演時間:19:00~20:30(予定)
・演劇集団 風煉ダンス

演劇集団 風煉ダンス風煉ダンスは演劇集団です。

自ら渦を巻きながらこの世のあらゆる熱い風(人、美術、音楽)を集め、それらを溶かして融合し新たな表現として世に送る〝風の蹈鞴(たたら)〟。

笠原真志と林周一が1990年に結成。

圧倒的な舞台美術と祝祭性の強い空間表現を特徴とする演劇集団。

叙情性とバカバカしさがほとばしる荒唐無稽なストーリーの背後には、現代社会への静かな問いかけがある。

近年は立川市を拠点に、各地で大反響を得た音楽劇「まつろわぬ民」ほか、「泥リア」「スカラベ」「MICHI」などの野外劇、現代美術家・音楽家とのコラボレーションも盛んに行っています。

<蔵シアター>

・公演スケジュール
◆平成31年5月25日(土) 13:00開演(12:00開場)
◆平成31年5月26日(日) 10:30開演(10:00開場)

劇団「横浜ボートシアター」による創作影絵芝居をメインにして、独創的なプログラムを組んで映画上映を行います。

<トコトコロジ(集落路地巡り)>

◆旧田烏小学校校庭&海岸舞台◆
京都のダンス集団「モノクロームサーカス」がダンスパフォーマンスを展開します。

◆路地を飾る散策ルート◆
『何もないよでなにかある』というキャッチフレーズのもと、「路地の宝探し」というイベントを行います。
高校生実行委員が企画、宝探しの道中で集落の人たちにヒントを聞いいていく。
現在面白いエンターテインメントとなるようブラッシュアップ中です。

◆海岸通りに設営するマルシェ◆
小浜市内のレストラン、お菓子店、農家、集落有志が出店します。
20店舗を目標に、小浜の良さをアピールする他にないお店が、海沿いに集結します。

お問合せ先

・090-4832-5317(担当:杉本)

スポンサーリンク
おすすめの記事