スポンサーリンク

2019 ビーチラグビー中部大会(高浜町)

以前の名称は、ビーチフットボール!!

そして今は!!

ビーチラグビー!!

ビーチラグビーはサマースポーツです!!
熱い砂の上で、太陽に体を焼かれながらプレーする!!
えっ暑い?確かに暑い!!
そんな時は、目の前の海に泳ぎにいけばいいだけです!!
家族そろって暑い和田浜へ!!

高浜町長もあいさつに来られて、待ちを上げてのイベントとなっているようです!!

海水浴と合わせて、観戦が楽しめると思います!!

子どもたちと一緒にプレーを観戦そして海であそぶぞーーー!!

開催日

・2019年7月6日(土)、7月7日(日)

開催場所

 ・福井県高浜町和田 若狭和田ビーチ

ビーチラグビーって!?

ひとことで言うと?
5人対5人でプレイする、ラグビーとアメリカンフットボールをミックスしたようなスポーツと想っていただければいいと想います。
じゃぁタックルがあるんですか?
タックルはありません。タックルの変わりに相手の体に両手でタッチすればタックルの成立となりその場所から攻撃を再開します。タッチを5回されると攻守の交代になります。
パスはどうするの?
5回の攻撃件のうち一度だけアメリカフットボールのようにフロントパス(ショルダースローのみ)が出来ます。あと4回はラグビーのように後ろにパスしなければいけません。つまり、ラグビーのような緻密なパスワークを行い、相手の防御を崩し、決定的瞬間でアメリカンフットボールのようにダイナミックなフロントパスをくり出すわけです。
どうやれば点数がはいる?
5回の攻撃で相手チームのゴール(インゴールゾーン)にボールを持ち込めば(トライ)得点となります。これが基本的な得点方法です。
女の子はできる?
もちろん出来ます。タックルはありませんし、砂の上のプレーするので倒れても安全です。2003年には女子全国大会も行われ毎年競技人口が増加しています。中には男性チームに勝つチームまでありますよ。もちろん子供もできますので家族揃って参加する事もできます。
どこで生まれて、何処でやってるの?
ビーチラグビーは1990年に生まれた日本発祥のビーチスポーツです。今年も日本一を目指して全国各地で大会が行われます。

個人的に思うこと

私もビーチフットボールの大会を何度か見たことがあります!!

そこで思うのは、やはり、ルールについてです!

ラグビーのようにタックルがないというのがこのスポーツの一つの魅力ではないのかと思うのですが、タックルの変わりがタッチになっているスポーツが、熱くなりすぎて、激しいタッチやぶつかりになっていることをよくよく見かけます!!

ラグビー経験者の方が多くいるということで、どうしてもタックルのような形になりかかっているようです!!

一人でもけが人を出さないためにも、より安全に発展していくためにも審判の方々には、安全面に関するルールはしっかり采配していただきたいですね!!

勿論審判の方もいろんな訓練をして努力をされているとも聞いたことがあります!!

私も毎年見ているのでルールもかなりわかってきましたよ!!

少し話を聞いたところでは、大会を面白くするためには、多少のルールは見逃してる???

まぁ~確かに多少はいいでしょうが、安全に関するルールは、厳しくしておかないのであれば今後発展することは難しいのかなぁ~って勝手に思っています!!

見逃すルールなら、そんなルール作らなくていいのでは?

みたいにも思うのは私だけ??

今のスポーツは、ビデオ判定等が主流になってきている状況にありますので、ルールがいまいちなスポーツは発展しないという気もしますので是非、今後の発展のためにもこの記事を見られた審判の方々がおられましたら、見ている私たちを楽しくしていただくためにもよろしくお願いいたします。

安全により発展していくために!!

よりよい方向に進化して見ている私たちも楽しませていただければ嬉しいですね!!!

スポンサーリンク
おすすめの記事